もうひとつの浄水通

新宿の高層ビル街が、もとは淀橋浄水場であったことを知っている人は多いだろう。
福岡でも、かつては植物園の場所に浄水場があり、市内への水道がそこから供給されていたという。もちろん、植物園のある平尾地区には特に川や池はないので、水道用水は当然別の場所から水道管で運ばれていたことになる。
福岡市の道路地図をぼぉっと眺めていると、植物園の南側から早良区の重留付近まで一本の道が伸びていることに気がつく。狭い道なのだが、多くの幹線道路を斜めに横切って、不自然なほど真っ直ぐ道が伸びているのだ。私はこれがかつて室見川から平尾の浄水場まで水を送っていた水道管の上に建設された道なのではないかと考えている。
廃止された鉄道の線路が道路として活用されているところは日本全国のあちこちにあるが、水道管と道路も調べてみると結構関連性があるのではないだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック