博多駅前ランチタイム事情

画像
数年前から、博多駅前3丁目にランチタイムになると弁当屋が集まってくる一角があって、Chack!はそれを勝手に「弁当通り」と名づけていたりする。中には変わった弁当屋もあって今日はどれを買おうかと迷うこともしばしば。
最近では手の込んだものも多くて、
・実際にその場で肉を焼いてくれる「ステーキ弁当」
・デミグラスソースを効かせた黒いカレーの「デミぐろカレー」
・ハワイがルーツのハンバーグ&目玉焼き丼の「ロコモコ」
・札幌ではやっているらしい(看板にそう書いてある)「スープカリー」
・その場でゆでて売ってる「うどん」
なんてのもある。
うれしいのはこれらのほとんどは500円で食べられるということ。
やぁ、これはサラリーマンの味方ですね。

<参考>
2004福岡博多弁当ナビ
http://www.fukuoka-style.com/bento/

・スープカレー「カヨカリ」(夕方は薬院駅にいるらしい)
 http://www1.fbs.co.jp/sakidori/archives/000031.html
・タコス・ロコモコなど「Hey's kitchen」(夕方は平尾駅あたりにいるらしい)
 http://www1.fbs.co.jp/cgi-bin/hanakin.cgi?mode=show&no=4234
・デミぐろカレー(日刊スポーツ九州のグルメページ)
 http://www4.nikkan-kyusyu.com/gu/gu030621.htm
・ニコちゃん弁当(天神コアラの人が食べた感想:但し駅前じゃなく天神大丸で購入)
 http://tenjin.coara.or.jp/lunch/2003/12/1212/


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック